人間ドック検索・比較・予約サイト | YOUR DOCK

人間ドック予約サイト | YOUR DOCK とは?

    ホーム > 国立国際医療研究センター病院

日本初の人間ドック。その歴史は最新の医療設備と
ホテル並みの特別室に受け継がれている。

国立国際医療研究センター病院 人間ドックセンター

東京新宿区戸塚、最寄り駅の都営大江戸線「若松河田駅」から5分ほどで国立国際医療研究センター病院が見えてきます。驚くほど大きなビルなのは、幅広い診療科をカバーする総合病院であるのに加えて、その名の通り国際的な研究施設も入っているから。創立は明治元年(1868年)の兵隊假病院まで遡ります。前身である国立東京第一病院は人間ドックの草分け的存在で、2010年に国立国際医療研究センター病院と改称し、2016年にリニューアルした人間ドックセンターはその系譜を受け継いでいます。

ほぼ150年におよぶ歴史は、経験となり信頼につながっています。「人間ドック発祥の地」を支えるのは、各分野の専門スタッフ、熟練の技師、そして日々研鑽を続ける医師達です。

人間ドックセンターは、病院に隣接した別棟にあり、専用の受付から検査がはじまります。平成28年(2016年)にリニューアルされた明るくモダンな内装の施設に入ってみましょう。広々とした空間はシックな色の内装でまとめられ、受診者がリラックスして過ごせるように工夫されています。

続く検査室も清潔感にあふれています。検査機器も新しく、中でも眼圧を検査する機器は数か月前に最新版に切り替わったばかり。常に新しい技術や機器が取り入れられています。



専門の認定資格を持った技師による、安心の検査態勢

国立国際医療研究センター病院人間ドックセンターは、PET、MRIに加えて大腸CTや経鼻内視鏡検査など、人間ドックの最新設備による総合的な診断ができるようになっています。加えて、それらを実施する技師は専門の認定資格を保有しています。肺ドックや大腸ドックで実施するCT検査は、それぞれの認定資格を持った技師が検査内容を細かく管理することで、放射線の被ばく量をできるだけ低く抑えるようにしています。

オリジナルのペイントがされている医療機器が目を引きます。PETの検査室の壁には世界の子供たちの笑顔が、機器本体には地球が描かれています。大型の医療機器は見た目が似ていたり、受診者にとって圧迫感があることも多いため、検査技師との会話のきっかけやリラックス効果を期待してペイントされています。

脳ドックでは、脳疾患の早期発見のための頭部MRI・MRA、頚部MRAを完備しています(オプション検査です)。乳房ドック、骨ドックなど女性におすすめのプランもあり、豊富なオプション検査を組み合わせて気になる部分をしっかりと検査することができます。

検査の結果、異常が見つかった場合は、同じ敷地内にある国立国際医療研究センター病院が治療の受け皿となります。幅広い診療科と専門性の高い医師が揃っているのが心強いですね。

新宿の夜景を眺める特別室で、非日常を味わう

宿泊ドックを申し込むと利用できる入院棟の専用フロアを夕暮れ時に訪ねました。新宿を一望する窓辺は解放感に溢れ、ホテルのラウンジのようです。新宿西口のビル街が徐々に夕焼けに染まり、夜景へと変わっていきます。検査が主体の人間ドックではありますが、日常を忘れるひとときを過ごせそうです。

個室にも東京を一望できる大きな窓があり、夜景を見ながら眠りにつくことができます。優雅なアメニティに美味しい食事というホテル並みのホスピタリティもうれしい配慮です。よりランクの高い個室には会議スペースもあり、合間に仕事をこなしつつ数日間の人間ドックを受けることも可能です。高額プランとなるためVIPの利用が多いそうですが、自分へのご褒美としてこの宿泊プランを選ぶ方も多いとのこと。宿泊ドックはお部屋のアップグレードが可能です。都会のホテルに宿泊している気分を味わいながら、人間ドックで自分の体を徹底的に検査する。毎年恒例のイベントとしても思い出深くなることでしょう。

日本初の人間ドックという歴史の歩みは、他に類を見ないおもてなしを備えた人間ドックへと発展を続けています。

国立国際医療研究センター病院

  • クレジットカードOK
  • 独立した健診フロア
  • 新宿の夜景つき個室
  • 検査結果説明面談
  • PET検査
  • MRI検査
  • CT検査
  • PET-CT検査

〒162-8655 東京都新宿区戸山1-21-1

都営大江戸線「若松河田駅」から徒歩5分
東京メトロ東西線「早稲田駅」から徒歩15分